iPhone または iPad を iCloud にバックアップする方法

iPhone または iPad を iCloud にバックアップする方法

 

すべての iPhone および iPad ユーザーは、iOS デバイスを定期的にバックアップすることに慣れている必要があります。iCloudへのiPhoneまたはiPadのバックアップは、デバイスの「設定」アプリケーションを通じて実現されます。iPad と iPhone ではプロセスは同じですが、各デバイスの画面サイズが異なるため、設定は少し異なります。

iCloudはAppleのクラウドデータストレージサービスであり、iCloudバックアップはAppleがホストするリモートサーバー上のiPhoneまたはiPadのバックアップです。すべての iCloud バックアップは暗号化され、既定で保護されており、すべての iCloud バックアップは Apple 製品で使用されている Apple ID に添付されます。

ICloud バックアップは、写真、メモ、ムービー、アカウント情報、ログイン情報、ドキュメント、設定、設定など、iPhone または iPad 上のすべてのデータをカバーします。

 

iPhone または iPad を iCloud にバックアップする方法

    • iPhone または iPad が Wi-Fi ネットワークに接続されていることを確認する
    • iPhone または iPad で「設定」アプリを開くと、設定アプリアイコンが灰色になり、歯車のように見えます。

設定アイコン

    • 設定アプリの上部にある自分の名前をタップして、iCloud と Apple ID の設定にアクセスする

名前をタップして iCloud の設定にアクセスする

    • 「iCloud」をタップしてiCloudの設定にアクセスする

タップして iCloud の設定と iCloud のバックアップにアクセスする

    • [iCloud] セクションで、下にスクロールして「iCloud バックアップ」をタップします。

iCloud バックアップをタップする

    • 「iCloud バックアップ」がON位置に切り替わっておく
    • 「今すぐバックアップ」をタップして、現在のデバイスのすぐにiCloudバックアップを開始します

「今すぐバックアップ」をタップして iOS を iCloud にすぐにバックアップする

  • iCloud のバックアップを完了する

iPhone または iPad はいつ iCloud にバックアップされますか?

iPhone または iPad で iCloud バックアップを有効にすると、デバイスが接続または充電され、画面がロックされ、Wi-Fi に接続されると、デバイスは自動的に iCloud に戻ります。たとえば、自宅やオフィスネットワークに接続していて、iPhone や iPad を夜間または日中に充電した場合、使用していない場合は自動的にバックアップされます。

また、iCloud への手動バックアップはいつでも開始できます。たとえば、iPhone または iPad で iOS ソフトウェアの更新を開始する前に手動で iCloud にバックアップし、ソフトウェアの更新が失敗した場合に新しいバックアップが作成されていることを確認できます。

コメントを残す

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。